マイケルティー監修『呪怨』お化け屋敷

『呪怨 -終わりの始まり-』が6月28日(土)に公開されるのを記念して、明日31日(土)から6月27日(金)の期間、新宿バルト9にお化け屋敷“恐怖の呪怨部屋”が設置される。

本作は佐々木希を主演に迎え、『感染』の落合正幸が監督を務める“呪怨”シリーズ最新作。
佐々木演じる小学校教師の結衣が、不登校を続ける生徒・佐伯俊雄の自宅を訪問したことから、その家に取り憑く怨念の恐怖に直面する様が描かれる。
“恐怖の呪怨部屋”は“お化け屋敷の魔術師”の異名を持つマイケルティー・ヤマグチ氏監修のもと制作された、約6畳一間、高さ2.4メートルの密室空間で、本編でも舞台となる“呪われた家”の恐怖の一端を体感できる仕組みになっている。
部屋に入ると、薄暗い室内には光を放つテレビ画面が置かれ、再生される映像の指示に従っていくと何かが起きる、というものだ。
退室までの所要時間は約3分で入場は無料。
映画御出演のとしおくん、伽倻子、佐々木希、トリンドル玲奈、落合監督や”アホの坂田”坂田利夫氏まで劇場登壇、元AKB48篠田麻里子はプライベートで来場しTwitterに掲載するなど連日話題性絶大。

レポートや画像など随時[追記掲載]して参りますので、これからもお楽しみに!!

雑誌掲載など、各目メディアで話題に〜

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
OBAKEREA [STAFF]
ホラー界のイマジニアリング [ OBAKEREA ]チームスタッフ、マネジメント、クリエイター、エンジニア、研究員etc...が総力を結集し、社会に役立つホラー活動を目指し、お伝えして参ります。おかげさまで実績が非常に多く掲載が間に合っておらずご迷惑おかけいたします。【業務連絡】毎月、記事観覧数ランキング最下位者は人形にされてしまいます。皆様のシェアが唯一の救いで御座います。ご縁に感謝。