マイケルティーさんがおすぎとピーコさん、ペーパー子師匠、加藤諒君に並べられ…

「ソウ」「ワイルドスピード」

『ワイルド・スピード SKY MISSION』でその手腕を世界に轟かせたジェイムズ・ワン監督が『ソウ』『インシディアス』に続き全世界興収350億円超えの大ヒットを記録!!

オリジナルホラー映画の興行収入では『エクソシスト』に次いで史上2位という記録を誇る脅威の最恐ホラー映画。

『死霊館 エンフィールド事件』

各界の著名人によるコメントをご覧ください

著名人・メディアから、恐怖の声と共に絶賛の嵐!!

https://warnerbros.co.jp/c/movi…/shiryoukan-enfield/comment/

ジェームズ・ウォン監督作品に絡みまくりのマイケルティーさん

ホラーマスター ジェイムズ・ワンが実話恐怖事件をもとに生み出した”極限の恐怖”が再び我々を挑発。映画史上、未だかつてない恐怖体験に世界は戦慄する。

1960年以降、アメリカを中心に数々の心霊事件を解決に導いてきた実在の心霊研究家 ウォーレン夫妻。彼らが極秘にしてきた事件を描き、世界中に”真実の恐怖”を叩きつけた前作『死霊館』。

その3年後。再び驚愕の実話恐怖事件を掘り起こす。”史上最長期間続いたポルターガイスト現象”として心霊史に残る悪名高き事件「エンフィールド事件」で、人々は”ポルターガイスト”という言葉と、その恐ろしさを知ることに。

前作を遥かに凌ぐ”極限の恐怖”の舞台はロンドン北部エンフィールド。正体不明の音・不穏な囁き声・人体浮遊など数々の不可解現象に苦しむ少女ジャネットと4人の子を育てるシングルマザーを救うためウォーレン夫妻は再び恐怖の元凶と対峙することとなります。

ウォーレン夫妻を演じるのは『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたベラ・ファーミガ。そして『インシディアス』シリーズでワンの恐怖演出を知り尽くしたパトリック・ウィルソン。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
OBAKEREA [STAFF]
ホラー界のイマジニアリング [ OBAKEREA ]チームスタッフ、マネジメント、クリエイター、エンジニア、研究員etc...が総力を結集し、社会に役立つホラー活動を目指し、お伝えして参ります。おかげさまで実績が非常に多く掲載が間に合っておらずご迷惑おかけいたします。【業務連絡】毎月、記事観覧数ランキング最下位者は人形にされてしまいます。皆様のシェアが唯一の救いで御座います。ご縁に感謝。