ジャパニーズホラー界の大人気キャラ「俊雄くん」

この写真は子役に白塗りメイク、ではなく、人形なんです。

俊雄くんダミー人形…実は2体、我らがプロデューサー・マイケルティー氏による特殊造形。

そして

ハリウッド版 JUON 2『呪怨 パンデミック』映画館用ホラーアトラクション制作

『THE JUON/呪怨』(ザ・ジュオン、The Grudge)は、2004年制作のアメリカ映画。PG-12指定。日本映画『呪怨』のアメリカ・リメイク作品。全米興行収入2週連続No.1。

『呪怨 パンデミック[2]』(じゅおん パンデミック、原題: The Grudge 2)は、2006年制作のアメリカ合衆国の映画。日本映画『呪怨』のハリウッド・リメイク作品『THE JUON/呪怨』(2004年)の続編である。日本での公開はアメリカに比べるとずいぶん遅れた。

キャッチコピーは「ついに始まる、恐怖の爆発感染」。

大阪同時開催

道頓堀極楽商店街『呪怨 パンデミック』「佐伯家」を再現し、映画の名場面をイメージする。

佐伯俊雄は人形のみだが、佐伯伽椰子は役者が演じ、随所に登場。

関連記事『呪怨のお化け屋敷』

清水崇監督ホラー映画最新作「こどもつかい」

こちらは書きかけ記事で御座います。大変実績が多すぎまして、絶賛作業中で御座います。

随時更新して参りますのでお楽しみにお待ち願います~ご縁に感謝。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
OBAKEREA [STAFF]
ホラー界のイマジニアリング [ OBAKEREA ]チームスタッフ、マネジメント、クリエイター、エンジニア、研究員etc...が総力を結集し、社会に役立つホラー活動を目指し、お伝えして参ります。おかげさまで実績が非常に多く掲載が間に合っておらずご迷惑おかけいたします。【業務連絡】毎月、記事観覧数ランキング最下位者は人形にされてしまいます。皆様のシェアが唯一の救いで御座います。ご縁に感謝。